ディーラーローンのデメリット

ディーラーで借りるローンを利用する上での大きな問題点とは

ディーラーローンのデメリット

ディーラーローンは簡単で審査に通りやすいと言われていますが、金利が高いとも言われています。銀行のマイカーローンはその逆で、審査に通りやすくはない代わりに金利は低いと言われています。ただし、両方とも収入に対して無理な借入れでなければ、それ程審査は厳しくありません。

 

そして、ディーラーローンには、金利以外にもデメリットがあります。信販会社が貸付けを行うディーラーローンでは、ローン支払い終了まで車の所有権は信販会社にあります。ローンを支払い終わるまでは、乗っている車のオーナーは自分ではありません。気分的には借り物の車に乗っているようなものですし、売却や譲渡が簡単にはできません。

 

また、ディーラーローンは審査に通りやすいと言われていますが、実際に審査を行うのは購入が決まってからとなります。事前に審査を通せないので、実際に審査に通るかどうかは、購入手続き直前までわかりません。

 

そしてディーラーローンの場合、保証料が別途にかかる場合があります。金利手数料とは別に保証料がかかる場合、思っていたよりも支払総額が上がってしまう場合があります。

 

ディーラーローンを利用するのであれば、これらのデメリットがあるという点も考慮しておくべきです。